Webページ内の画像を一括ダウンロードできる「ImgGetting」の使い方!

img-getting-freesoft

皆さんはネットサーフィンなんかしてて、大量の画像を一気にダウンロードしたいときってありませんか? 私は結構あります。

好きなキャラとかアイドルの写真をまとめて保存したい!
でも、一枚一枚やるのはかなり面倒臭い・・!

そんなあなたに、とっておきのツールを紹介します。

スポンサーリンク

「imgGetting」なら大量の画像を一括で保存できる!

imgGettingは、ページ内に表示されている画像をすべて取得し、まとめて保存してくれる、ちょー便利なフリーソフトです。

ブラウザ型のウインドウから保存したい画像を取得できるので、面倒な操作が必要ないのがポイント。また、保存したい画像の拡張子を指定することもできるのが地味に便利です。

では、さっそく使い方を見ていきましょう。

「imgGetting」をダウンロードする

導入方法は簡単。インストールが必要ないので、ファイルをダウンロードした後に解凍するだけです。ダウンロードはこちらのサイトからできます。

「imgGetting」のダウンロードリンク(vector)

「imgGetting」の使い方

ファイルを解凍したら、ImgGetting.exeを起動しましょう。

上部のメニューバーから「ツール」→「オプション」と進み、設定画面を開きます。

imggetting1

必要があれば、保存先を設定します。デフォルトでは、imgGetting.exeがあるフォルダに保存されているようになっています。

拡張子や保存方法の設定は、基本的には変更しなくても大丈夫です。

さて、次に目的の画像がおかれているページをimgGettingのブラウザで開きます。検索するなり、URLを張り付けるなりしてください。

私は猫が大好きなので、猫の画像集のページを開いてみました。(ΦωΦ)

img-getting2

表示が完了したら、上部メニューバーの「開始」ボタンを押してください。

すると、画像が一気に取得されるので、ダウンロードしたい画像にチェックor全て選択にチェックして、「ダウンロード」をクリックします。

img-getting3

しばらくしたら、ダウンロードが完了するので、保存先のフォルダを見てみましょう。

ちゃんと保存されていますね!

img-getting4

全体の流れはこんな感じです。特に複雑な操作は必要ないので、誰でもかんたんに出来ると思います。

ページを開く時、たまに「スクリプトのエラーが発生しました」と表示されることがあります。その場合は「いいえ」で読み込みを中止しましょう。

さいごに

ダウンロードの手間が省けることは非常に便利です。

使い方を工夫すれば、Twitter・Facebook・Instagramからもまとめてダウンロードできるので、いろいろと試してみてください。

極稀に戻るボタンが機能しなくなったり、エラーを起こして固まってしまう等の不具合が生じるみたいです。

しかし、画像ダウンロードツールとしては十分に機能してくれるので、使う価値はアリです!

以上、便利な画像ダウンロードツールの紹介でした。