PCをルーター化!パソコンからWi-Fiを飛ばしてくれるソフト2選

wifi-internet

今ではどの家からでもWi-Fiが飛んでいる時代になりました。スマホをいつも使っている私たちにとっては、ほぼ必須と言えるようなもの。

だからと言って全ての家にもルーターが必ずあるとは限らないし、使いたい時にWi-Fiが接続できなくなった・・なんて時もあると思います。

・・しかし!

無線LAN機能搭載のパソコンが一台あれば、パソコン自体からWi-Fiを飛ばすことができるのです!!

デザリングをパソコンでやるようなイメージを持ってもらえればいいと思います。

本来ならば、パソコンの設定をいじくって色々な作業が必要なのですが、それらを自動的にやってくれるフリーソフトを二つご紹介します。

皆さんもパソコンとスマホを用意して読んでみてください!

スポンサーリンク

パソコンをルーター化してくれるフリーソフト二選

HostedNetworkStarter

hostednetworkstarter3

このソフトは、ネットワーク名とネットワークキーを設定するだけで、パソコンから自分専用のWi-Fiを飛ばすことができる、非常に優秀なフリーソフトです。

設定する項目は3つ。PCに疎い人でも扱えると思います。

まずは、公式サイトからからソフトをダウンロードしてきましょう。

2つのダウンロードリンクがありますが、上のがインストール無しですぐに使えるのでお勧めです。今回はこちらを使ってみましょう。

hostednetworkstarter-download

zipファイルがダウンロードされたら解凍し、HostedNetworkStarterを起動してみましょう。

hostednetworkstarter

最初はこんな画面が表示されると思います。

  • Network Name(SSID)には自分が分かる好きな名前
  • Network Keyには半角英数字8文字以上
  • 「Share the Internet and…」の部分は、イーサネット

これらの設定が終わったら「Start」を押します。すると・・・

wifi-mp3master

見事に出てきました!

hostednetworkstarter2

ソフトの画面には、接続しているデバイスの情報が表示されます。Wi-Fiを終了したいときは、赤い停止ボタンを押しましょう。

Virtual Router

virtual-router

こちらのソフトはとにかくシンプルで使いやすいのが特徴で、

まずは公式サイトにアクセスします。自動的にダウンロードが開始されます。

ダウンロードしたファイルを起動し、インストールを開始していきます。

  1. Next>をクリック
  2. インストール先とユーザーを選択。通常はこのままで構わない
  3. もう一度Next>をクリックすると、インストールが開始される
  4. ユーザーアカウント制御が出たら、はいを選択

以上で導入は完了になります。早速ソフトを起動してみましょう。

virtual-router

先ほど紹介したソフトと同じように、

  • Network Name(SSID)には自分でわかる好きな名前
  • Passwordには半角英数字8文字以上の文字列
  • Shared Connectionにはイーサネット

を設定します。そして、Start Virtual Routerをクリック。

すると・・

virtual-router2

見事に接続できました。赤枠で囲まれているのが私のiPhoneです。

このソフトは公式でWindows10には非対応と書いてあったのですが、全然使えるようです。

PCからWi-Fiを飛ばすのは地味に便利!

一人暮らしを始めて間もなく、ルーターを持っていないとき。これが非常に困るんですよね、私も大学1年の時に経験しました。しかし、パソコンと有線の環境はあったので、これらのソフトでなんとかしのぐことができました。

また、私の友人がWi-Fiやルーター禁止という厳しいアパートに住んでいて、どうしてもWi-Fiを使いたい!というときにこういうソフトを重宝しているそうです。絶対にバレないですもんね。

皆が知ってそうで知らないこのテクニック。ぜひ一度は試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする